そういえば、東京に夏に行ったと時の写真を公開②

オカモトの趣味の絵画やアートを見ることなのだが

東京に行った時はアートを買う事もあるのだ。

第②弾の今回はそのアートと作者さんを載っけて振り返ることにしよう。

 

まずはこの方は動物の絵を得意とする日本画家だ。

猫か鶏か悩んだ末、鶏の絵にした。

猫の絵も買いたかったと言うと、オカモトのメモ帳に猫を書いてくださった!

 

 

下の写真は、同じ絵の学校の同級生の女性日本画家さんの2人展に行って、、、

この方とはここに来るちょっと前からメールでやり取りさせて頂き

作品について質問していたのだ。

この絵だけが売れ残っていて、これはある雑誌で見てそれでこの先生に興味を持った絵だった!

先生もこの絵はオカモトに買われる運命だったとメールがきた、、、

 

こちらの先生は2人展のもうお一人で

買うつもりはなかったのだが、あんまりにも柴犬(黒)が可愛かったのでつい、、、

 

 

この作品はダビデ象(全裸の男性の石像)のほんとの大きさで作っているのだ!

上の白を二つ購入!

別の画廊でこの先生が出展しているらしく次の日はそこへ飛んだ!

すると買った石膏の作品にロウをぶっかけた新しい発想の作品があった!

先生にサインを書いてもらおうと丁度作品を持って来ていたのだ!

『先生!これにもロウをぶっかけてくださいませんか?!』

とゆことで快くわがままを聞いてくださった!

1ヶ月後に熊本に届いた作品には白のロウがかけられていた!

 

とゆう事で、多くのアートに触れたオカモトでした!

やっぱ東京は刺激になるぜっ^0^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です