ドラゴンアッシュのライブに福岡に行った話

フとチケットを買った後に

『そんなにすきだったっけ?』

と自問自答した。

ドラゴンアッシュは今年で結成20周年を迎えるロックバンドだ。

そんな長いバンド生活を送るドラゴンアッシュの事を何も知らないのに

よく行く気になって買ったな。

彼らの曲を聴いてたのは学生時代だった。

2,3曲しか知らないし、

今年は20周年でアルバムも出したとゆうことで

早速セットリストを見て

iTunesで曲を買いあさった。

珍しい事に曲順が他のアーティストとは違う。

アンコールから、各会場で違うので結構な曲を買うハメになる。

大ファンの人は楽しみだろうな。

昔は4、5人組だったんだが今はダンサー2人も

加入して7人になっている。

バンドにダンサーなんかいるのか?!

なんて、恐いもの見たさに行くようでもあった、、、

さて、ライブ当日だが

福岡の親不孝通りのソバのライブハウスであった。

1000人はキャパがあるようだ。

ご覧のように講演前には、となりの公園ではずらっと整列させられていた。

間もなく開演とゆうギリギリに会場になだれこんだ。

もうぎっしりつまっている。

2階もあるようだ。

ワンドリンク制でビールを注文してクッと飲み干した。

一階は段差が4、5段あってうしろに向かって少しずつ高くなってる。

まずは4段目のうしろの方にいたが、

「前の方まだ空いてますよー」

とスタッフーが言ってたので前に吸い込まれていく。

結局、前のヤツがどっかいったりしたりで一番前の段まできてしまった!

よかったよかった流されながら好位置を確保できた。

前はやっぱ男だらけだぜ!

暴れるんだろうなー

いやだなあー

もう怪我したくないなあー

去年のあれから怪我に臆病になっている。

開演予定の19時を回っているのに出て来ない。

その間はずーっといつかこのTABLOID電子版でも

紹介したことがあるリンキンパークの曲がずっと流れていた。

ボーカルの人が亡くなったので追悼と言うことか、、、

さて、それからしばらくすると、彼らが現れた!!!

さっきまで周りの人と触らないぐらいの距離を取っていたが

登場と一緒にみんな前に詰め寄る!

一曲目からノリの良い曲で、

みんな激しくジャンプジャンプ!!

そこで生まれて初めて目の当たりにしたのだ!!!

それは『ダイバー』といって

少し後ろの客席(イスは無いオールスタンディング)から

他の客の頭の上に乗って前にどんどん転がっていく、

そのことを『ダイブをする』と言う。

ビックリしたのが女性ダイバーもいるのだ!

ダイバーの下の客は前を向いてるから

ダイバーが来るのかわからないので手を

あげてダイバーが転がり込んできたら

前に投げ飛ばすのだが、

やっぱり、いろいろ触られるんじゃ無いかなー?

もちろんワザとじゃ無い人が多いと思うがねー。

でもでも、

女性ダイバーがみんなカワイイとは限らないぞ?

オカモトの前でもダイバーがいて

上げてくれとかジェスチャーするから

みんなで前に投げ飛ばしたら、落ちて腰を

床で強打していた。。。

オカモトもスッゴイやってみたかったが

上がり方がわからないし、

運動音痴であげてくれても転がりきらないだろうし

高いとこ怖いし

やっぱり年末の顔10針縫ったの思い出すしで

結局、飛んだり前の客を押したり

叫んでいただけだった^^:

が、

それでも疲れるぐらい楽しい時間だった。

セットリストの曲順通りだったので

勉強して行ってよかったー。

一旦、メンバーは引っ込んでアンコールの曲の前に

着替えに行った。

その間は客側のファン度を試される。

それはアンコールの曲を促すように

アーティストに早く出てきてもらわないといけない。

普通は『アンコール、アンコール!』

アーティストの名前を連呼する

のだがグループの場合はどーするんだ?

オカモトの好きなワンオクロックは

ある曲の出だしで

『うおーおーおーおーおーお!』

これをずっと繰り返していた!

すると一人が

『ビバビバ!!』

と言い出した!

かと思ったら

『ラ レボリューション!!』

と二手に分かれて叫び合うのだった!

この曲はにわかファンのオカモトでもわかる!

簡単簡単ーーー

『レボリューション!!』

と叫び続けたが

みんなきつくなったのか

ビバ!

とチームは1人と

そのあとはオカモトしか

言わなくなったのだ!

しかも今になってだが

『ラ』『レボリューション!』

なのに『ラ』を言ってなかったのだ!!!!

なので

間違ってるのにハッキリとした口調でデッカく言うもんだから

ビバと言う客も吹き出して笑ってしまった。

そうこうしてるうちにフラフラとメンバーが集まってきた。

アンコール曲は各会場で曲が違うようでファンからしたら

お楽しみだろうがオカモトみたいな

ニワカファンは大変だ。

各会場のセットリストを調べて

iTunesで曲を買って

覚えるとゆう大変な作業が必要だ。

福岡では震災の影響で通常3曲のとこを

4曲歌ってくれた。

後の熊本公演でも4曲だった。

的外れの曲もあったが

ノリでなんとか暴れて楽しめた。

初めてDragon Ashのライブにいっての感想だが

ボーカルの古谷一行の息子のKJは

もちろん、かっこいい!

以外と他に良かったのが

ダンサーがメンバーに2人いるのだが

ダンサーなんかロックバンドに入らないだろ!

と思っていたのだが、

実際生で見たらスッゴイかっこいいのだ!

男なんだがセクシーで、手の動きも滑らかだし

見ていられるのだ。

顔も写真で見るよりもとっても笑顔だし

好きになってきたのだ!

名前も知らなかったので、叫んであげたかったが

ボーカルの名前しか知らないのが残念だった。

さてさて、

最高のパフォーマンスを見て余韻に浸りたかったが

すぐに現実が待つ!

その日はサッカーW杯の出場が決まる大事な日で

奇しくもライブの日と重なってしまった。

帰ってから見ようと録画してた。

奥さんも一緒に見ようとしていた。

ライブ会場を出ると

情報を絶つために

Dragon Ashの曲を復習するべく

イヤホンで耳を閉ざす。

親不孝通りですぐにタクシーに飛び乗る。

運転士に

『帰ってからサッカー録画してるの見るから絶対言わないで!』

とだけ言って

速攻で博多駅まで送ってもらう。

ビールを買い込んで新幹線に乗ったー!

よし!!

これで家まで情報は出ないな!

オットー!!!

新幹線の前の上の流れる電光掲示板は

ニュースが流れてくるので要注意だったな!!

その手にはのらんぞっとーー

と、

携帯のラインを見たら、、、、、

な、

なんと

友達から

『よかったねー!勝ったねーー^0^』

チーーーンッ!

終わったーーっ

嘘だろ?

『オイオイオイ〜!』

そいつとケンカになった

しかし30分後には母からも

同じ知らせがラインにてきていた;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です