正月東京旅行最終日

2019、01、02、09:30

早起き(6:30)して初詣に行ってそのあとは『旅のしおり』によると

次は上野の美術館に寄るとなっていた。

地図を開くと近いのでピューっとタクシーを拾って向かう。

この期間開催されていたのは『ムンク展』だ。

一度も『叫び』とゆう彼の代表作を見たことが無かったので丁度いい!

開館前に着いたので上野公園の中をのんびり寄り道してたら

『変なおじさん』がキタ!

ムンク展に来たと話すと今、上野の美術館でやってるフェルメール展の方が良いよ行ってくるのだ!

なんとも怪しいし東京滞在時間が刻々と過ぎ去っているので、ササッと片付けたいところだ!!

だが、やっぱりすっごくイヤーな顔はできんから、そこは大人の対応で、、、

 

記念におじさんと撮った↓

うーむ、仲よさそうですねー

 

その後はそそくさとムンク展へ早歩きで逃げ出した。

すると、おじさまも後ろから付かず離れずで後をついてくる!?

ヤバイヤバイ!

『仲間にした』つもりはないのだが、、

ドラクエなら良い働きをしそうだがなっ!そうびは『斧』かな、やっぱ。

そんなことより、彼女さんとアイコンタクトをして、小走りでそいつを置いてきた。

どうやらまいたようで美術館に着いた頃にはもう姿は無かった。

良かったー、あいつと一緒に見てたら音声ガイド(500円)がいらないぐらいにウンチク言ってウザそうだったからなぁ。

さてー、チケット買って中に入る前にかなりの人数が並んでいる。30分ぐらいまった。

今年はこの日かららしいから集中してしまったのだろうか。外人もチラホラいる。

やっぱり音声ガイドを借りた。字読むの遅いし目が疲れるしねー。

余談だが、いっつも本屋に行くと5、6冊自己啓発本を買っては本棚に並べて満足している。

なので、タイミングよくちょうど先ほど携帯アプリの『リーディングブック』なるものを取り込んでみた。

これで全て解決してくれるはずだぜ!機会があればこのことは別にブログにする。

とゆうわけで彼女さんとは徐々に別々に絵を鑑賞していた。

字を見なくても絵を見る観点が違うからな。

ムンクの絵は生まれて初めて見た。

有名な『叫び』しか知らなかったのだが世界中に4枚存在するらしい。

その中の1枚がお目に書かれるとゆうことだった。

音声ガイドのおかげで詳しく、自分の世界に入れて鑑賞できた。

ムンクの他の絵も素敵だった。

何枚かの絵にいつも書いてある月明かりが水面に映る光の線みたいなモチーフがあった。

絵を描くために結婚しなかったらしい。

ま、5、6人の女性と代わる代わる付き合っていたみたいだが、、

その中には人妻もいた!

ムンクは精神科にかかっていたのだが、やっぱ絵描きさんは人と違う感性がないといけないからわかる気がした。

オカモトもその気があるとお客様の精神科医の先生に言われたことあったな^^:

そんなこんなでムンクさんに感動してついつい長居してしまった。

この写真を撮るのに列を作るほどの大盛況だった。

他の者はどいつもこいつも『叫び』の真似をしてホッペに両手をあてて奇妙な顔をしていたがオカモトはそんなことはしない!

サムいからなーっ

 

さ!  次はお台場に行く予定だ!

だが、予定の時刻を超えている、、、

ムンクの世界観に呑まれていたのだ。

 

うーむ!どうしよう、、

プランが変わるとはっ!

ミーティングの結果(意外とすんなり決まった)洋服を見に行こう!と落ち着く。

まずは大晦日の日にフラッと行って時間がなかった原宿へ。

 

相変わらず表参道にはお祭りのお店が食べ物を作って売っている(邪魔)。

お目当の店に着くと、いたるところに『40%OFF』と書いてある。

店員にセール品はどこらへんにあるんです?と聞くと

店内全ての商品だとゆうのだ!

すげーな!

冬物は東京でセール品まとめて買いに行っても良いなこりゃ^0^/

そういえば前日に行った銀座SIXの店もセール品ばっかのブランド店が多かったぞ。

なんか買った!↑スニーカーだったかな、前日もドーバー(銀座)でスニーカー2個買ってた(履いてる白いの)、、、

着物風の服(タッカイ!)↓

色々買って、まーだなんか買おうとオカモトの物欲くんが現れてまた銀座に行くことに!

原宿を後にしたのだった、、、

表参道をバックに。

買うか迷ったが銀座では結局なんも買わなかった。

その後夕方には羽田空港には向かって故郷に帰って行った。

なんか地震のせいで10分遅く出発したが予想到着時刻より10分早く着いた!

スピード違反とか空はないみたいだな!

 

これにてオカモトの正月休みの話は終わるのだが、まだ大晦日の話をしてないので

そのうちブログ投稿をする予定だ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です